ご挨拶

"子どもの生きる力を育み、
日本の未来を創る
新しいグローバルグループへ"

当社は2006年の創業以来、「子ども達の未来のために」を企業理念に掲げ、子育て支援という社会的使命に取り組んでまいりました。現在では、7,000人以上の子ども達をお預かりし、2,800人を超える保育士や栄養士などのプロフェッショナルが働く企業へと成長を遂げました。上場企業として東証マザーズから、東証第一部へとステップアップした2017年は、当社にとって大きな決断と新たな一歩を踏み出す年となりました。

2017年10月に経営体制を大幅に変更。
二人の代表取締役体制のもと経営と執行を明確化し、経営のスピードアップを強力に推進してまいります。
同時に社外取締役を増員してガバナンス体制の強化も図りました。
さらに10年後50年後を見据えた継続的成長に向けた経営基盤の一段の強化、そして何より「質の高いグローバルキッズ保育」の確立と実践を展開してまいります。

「子ども達の未来を預かることは、すなわち日本の未来を創っていくこと」にほかなりません。
子ども一人ひとりに寄り添い、質の高い保育を通して「豊かに生きる力を育む」こと、それを支える私たち大人が「輝いた大人を魅せる」こと。これは創業時から変わらない当社の原点であり目指す姿です。

現在、少子化対策、待機児童対策、働き方改革など、様々な施策が国を挙げて整備されようとしています。
今後も子どもや子育てを取り巻く環境は劇的に変化していくことが予見されます。
環境がどのように変わっても、当社はやるべきことを見失わず、常にこの原点に立ち返りながら子ども達の輝かしい未来の創造に寄与していく覚悟です。
そして、子ども達はもちろん、保護者の皆さま、保育の現場で働く全ての人々から必要とされ誰よりもその要請に応えられる企業としてチャレンジし続けてまいる所存です。
引き続き、変わらぬご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

2018年4月
代表取締役社長 石橋 宜忠
代表取締役 中正 雄一

ページのトップへ